FC2ブログ
3月23日~25日と、東北の仙台や石巻での地域医療ツアー(学生団体ridiloverGEILの共同開催)に出かけてきました。

やはり、報道で見るのと現場はぜんぜん違う


この1年間、そもそも被災当日はオーストラリアにいたというのもありどっちかというと落ち着いて様子を見ていました。

災害時のメディア報道に関しては、東京にいた時の議員インターンで新潟信越地方に行った時に現地の声からいろいろ学んだものもある。



今回も、被災地とはいえメインとなるのは地域に密着したケア。つまり災害医療ではなく地域医療だったわけです。



地域医療と言えばキーとなるのはコミュニティー


でも、コミュニティーとなるとどうしてもハード、つまり集まる場所や施設の建築といったそこにいる人をないがしろにした議論になりがちがので、ここはあえて人と人とのふれあいとさせてもらう。



一人の人間として、相手の話を聞くこと


それだけで癒しになるし、それを医療というのであれば立派な医療だと思う。




BTGでも、IFMSAさんと地域医療ツアーを一昨年企画させていただいた。



ツアーの内容的に、うちらの企画も全然負けていない



東京で超現役の学生団体2つがタッグを組んであげた企画に参加してこう感じることができたというのは自分にとってものすごく自信になった。




うちらも全然負けていない



もちろん、今回のツアーはツアーで、一般的に医療関係者のみで議論されることの多い地域医療の問題に、地域の主役たる一般の若い学生も巻き込んでディスカッションができたというのは非常に大きな学びであった。

今後は、(多忙ではあるが)医療関係者が一般向けにこのような地域医療ツアーを組んで啓蒙活動をしていくというのは非常に有効だと考えられる。






大分に帰って3年が過ぎ、BTGのような学生活動もそろそろという段階に来た。


ある人の言葉を借りるのであれば、自分自身の人間としての基礎体力の養成がそろそろ終わりつつある。


以前、「無いという強み」の記事で、東京は個人として能力を高めるのに向いていて、リーダーとしての能力を高めるのは地方が向いているということを言いました。



でも、実は東京都か地方とかそういうの関係ない これが本質な気がします。




自分が将来大分でやりたいのであれば、そこで必要なことは大分で学ぶのが一番手っ取り早い。




確かに自分は以前、東京にいながら大分を元気にしようと意識して活動してきました。
今となってはその組織は崩壊寸前なんですが




修行のために東京に出るという考えは、自分もそうした人間なので否定はしません



でも僕はこう思う。


秋元地域

その間のうちに、あなたの守りたいものがなくなったらどうするんですか?



僕はその恐怖を、実は昨年の震災でちょっと感じました




そばにいないと、守りたいものも守れないんだ



だから自分は、そば=現場にいたい




外にいては、そこで何が起きているか見えてこないんです



そこで起きていることを見ないで、どこかのコピーのようなことしてもうまくいきません



だって、そこ(地域)の構成員がぜんぜん違うんだから。





かといって、まだまだこういう活動がコンセンサスを得ていない地方では集団心理が働かず成長の効率というのは人によって悪くなるのかもしれません。僕もだいぶつながりを持てるようになって以前と比べ物にならないほどチャンスにあふれていますが、それがチャンスと気付けない人は本当に全然気づけずブレブレ。


だから、そういう人は想いの通りに行動して東京に出てもいいと思う。



僕は、ここを自分が一番成長できる場として、大分にいます。



秋元地域
この画像は、そうこう言ってるうちに結局帰ってこないってのを言いたくてあげたんですが、あえて言わせていただくと





3年間大分は俺が守っちょくけん、行って来い!!


といったところでしょうか


この「キミがいない間自分が守る」考えは実はある人のウケウリなんですがね(笑)
ま、そのうちそういう報告ができるかな?






大分に帰ってきて、度々東京に逃げ帰りつぶやいていた言葉





僕は、大分に戻って果たして良かったのかまだ答え出せていないんですよ




今回は、そういう思いは全くありませんでした。


非常に気持ちよく外で学び、これまでにない清々しい気持ちで大分に帰れました。




適当に作ったこのブログですが、説明に

東京帰りの地方の人間が,東京に負けないくらいげんきな大分を作ろうと模索するブログ.

とあります。完全に無意識だったんですが、どこかそういうところが出たんだと思います。




そして、今なら胸をはって言える





負けてねぇよっ!!!ヾ(@°▽°@)ノ


心からそう思う。



いくら自分がこう思ったり言ったりしたとしても、他を知らない人は心の底から自覚できないかもしれません




でもね、よく考えたら自分の周りには自分よりもはるかに東京歴が長い人生の先輩方が、魂をかけて大分で活動している。

その活動を尻目にしてほいほい東京東京って、失礼っちゃ失礼(笑)



ようやく叶えた上京の夢を、医学部編入というハンパない倍率の高い試験をめっちゃ努力して乗り越えることで、叶えた夢から去るという状況はとても複雑な気分でした。


でも今は、この環境が自分の人生にとって最高峰だって言えるし、まだまだ上を目指せると思う。





もう、東京は目指さない


別に意地とかプライドじゃなくて、もちろん学べる部分は学んでいくし、今までのつながりもそのままキープ



ただ、お互い対等だってこと。




そして、自分は大分でやっていくってこと
スポンサーサイト



2012.03.31 Sat l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
いよいよ情報解禁です。

怒涛の平成23年度卒業生世代。


BTG設立当初からの初期メンバー、入学したてのパットしない1年生から卒業まで一緒に活動した芸短の仲間、いなくなって分かった学生と地域の仲介役、高校3年という青春時代をアイドルという最強の生き方で最強に成長した輝く人…


以前、仲間の話でさせていただいた、いつまでもつるんでいるだけが仲間ではない




特に、社会にでるタイミングというのはまさしく別れのフェーズなんです。



という訳で、BTG…というか僕自身が別れのプロジェクトをこの度立ち上げました






それが、




3D×5Y プロジェクトです。
3D×5Y




単刀直入に趣旨を言います。




3日おきに会うほどの絆だった仲間といったん別れ、5年後の再会を誓うプロジェクト

です。



僕が、東京のアントレや学生活動で学んだこと…




集まり散じて高みを目指す最高の仲間達



お互い進む道は別々だけど、たまに再会してみると不思議と同じ道を目指してた。





それを、本当にやっていこうという取り組みです。




仲間への記事では、集合(再会)のフェーズは強制されるものでもなく自然発生的に集まると言いましたが、とはいえ何かつながりを感じられるものを互いに持つことは重要です。




それがこの3D×5Yという合言葉の共有です。




今実は、本人大阪に行ってていないんですが、このグッズ(キーホルダーを予定)を作って仲間に配ります。



互いに別れてそれぞれの道を生き、辛いことがあった時につながりを意識してまた次に頑張れる。


5年前、東京アントレの最終発表会で優勝班で景品だったEntrepreneurのネックストラップが自分にとってまさにそれでした。



昨年、本当に5年ぶりに再会出来ましたが、やっぱバラバラの道に進んだけど目指す先は同じでした。





やっぱ、この仲間の絆は最強だなと。。。









そしてゆくゆくは、それぞれが明日の日本を創っていく人材になれるよう…その人材の一部でもいいのでこの3D×5Yプロジェクトのメンバーである。そんな社会になれたらいいなという想いから始めました。






BTGはじめ様々な活動をしてきましたが、自分が一番伝えたいのはこのことです。




またねと言って別れられる…また会えるって信じてるから全然悲しくもなんとも無い

♪悲しみじゃない希望のうた じゃないけど、まさに未来への希望の印です。





現在Facebookページを作成中。また、少し遅くなりますがグッズも作る予定。

僕のアイディアではキーホルダーしか思いつきませんが、ネックストラップやハンカチ?Tシャツ?とかのグッズの作成もありだと思います。

メンバーの皆さんが主役です。『こうすればもっと良くなる』とかそういう意見はFacebookに投稿してください。


絆をどう活かすかも、すべてがあなたが主役のプロジェクトです。


この中のメンバー同士、多種多様の業種が集まって1つのチームとなって大きなムーブメントを起こすことが野望です
2012.03.20 Tue l 地域活性化論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
実はおさむさん、焦っています。

ここまでくると勝手に「平成23年度卒業世代」と名付けさせてもらうが、この3月で卒業ないし活動のフィールドを変える人材(クビ含むorz)が優秀すぎる

ってか、このまま続けて活動をして行って欲しいのに、やめる・フィールドを変える・卒業 などで環境をみな変えていってしまう。



残されたうちらは、一体彼ら彼女ら抜きでやっていけるのか・・・


そんな不安を抱えている。




そこまで追い詰められたからこそまぁ自分も本腰入れてプロジェクトしようと決断できたわけですが…






そんな、この3月で卒業する平成23年度卒業世代のうち、Chimoのリーダー:いづみとまこんちょ の卒業公演に出かけてきました。



僕の初Chimoはこれまたほぼ1年前のミズッキー卒業パーティでした。このパーティの振り返りはまぁ過去の記事に譲るとして、ここ最近大分大学の学生と大分県立芸術文化短期大学をついつい対比したりとかしてみるという申し訳ないことしているわけだが、正直輝いている度で言うと大分で自分の中ではChimoがダントツであり、ロールモデルとしている。



ロールモデルということはどういうことか…





あんたら輝きたかったらChimoみてみな!!!


彼女らやスタッフの取り組みには、人生を輝かせるためのエッセンスが全て詰まっている。それは、僕が東京で学ばず大分に来て学んだもの(つまりは最新の学び)も含めて。

自分自身の価値

自己肯定感

OKラインを下げない

とことんやる

社会に揉まれ、認められる

リーダー論

チーム論

仲間



今日の卒業セレモニーを見て、改めてその確信を得た。



自分の活動の根本がエガオであることはすでに述べたが、この笑顔というのは涙も含みます。



ぶっちゃけ、何かをやるとき自分が根底においているものは『この本気度で、終わったとき心の底から泣けるか』ということを意識している。これは、『この本気度で、こいつらと本気で笑い合えるのか』ということとほぼ同義である。


今、4代目(らしい)のChimoは、活動休止時間とかあって正直一番つらい時期だったと思う。


自分も、地域の若者の元気を創出していきたい思いからどうにか関われないかと思っていたんですが、復帰した彼女らの顔を見てなんか『順調には行かないだろうけど大丈夫(乗り越えていける)んだろうな』ってなんとなく思いました。



何も、大人たちが全て調整するのがいいとも限らない。


時に、自分たち自身でガチでさせるのも大切だ。その中で培ったものは、その先ずっと揺るがない最強の柱となる。心の強さにもつながる自身の大きな柱は自分で創るしかない。それを創れないのは誰のせいでもない自分のせいという自己責任の厳しい世界。まさに人生という命をかけた弱肉強食の世界。でも、答えは自分自身の中にしか無いから、実は他人がどうこうできる問題でもないんですよね。



卒業


憧れる人がいて、その人を必死に追いかけられる


目指したいと思う人を自分の人生の延長線上に持ってくる


チームの卒業の時期に、自分の人生が正しかったかどうかの指標は、エガオとか涙とかもあるけど残ったメンバーから全力で『おめでとう』とエールを送って送り出されるかどうかにかかっていると思う。


この全力でというのが、昨年ミズッキー卒業パーティでのOKラインを下げない学びへとつながっていくわけであるが・・・


全力を出すのもそうだけど、周りの人まで全力モードに巻き込めるのも1つの能力かつ哀しいかな俺に欠けている能力orz

そう、自分が師匠と仰ぐS氏はそこに長けてたんだよね。

周りの人に全力をだそうって心の底から思わせる人間性


ミズッキーもそうでしたし、今日卒業した いづみ&まこんちょもその能力の持ち主だったんでしょう。ステージ見てそう思いました。



また、逆説的ではあるが残される側はそういう人の魅力を感じ取って応援できる完成をもってほしいもの。


他人を応援できない人が、他人に応援されるなんてことは絶対ないのだから






新”伸びるヒト”の条件じゃないけど、

ぶっちゃけこのことがわかっている(=実践できる)のであれば東京も大分も一緒!!!

東京も大分も一緒であるなら、僕は大分を選びます。東京と同じ事やっても、大分では重宝される。必要とされる。期待をかけられる。だから頑張れる。さらに伸びる。この手の伸びは、実は東京ではそこそこの高い能力が必要です。ある程度高いレベルにいないとあそこは弾かれて終わりますからね。







自分は、東京にいた時も今もそうですが、自分が持っていないものを持っている人や自分がいいなと思った人を見つけたらとことんその人と時間と空間を共有して、その本質が何かを盗む生き方をしています。

まさか自分がローカルアイドルという切り口で物事を考えるようになるとは5年前の自分から想像もできませんでしたが、ここにもほんとうの豊かさ、ほんとうの輝き、ほんとうの活力とは何かを見つけることはできました。





あとは、彼女らが出ていく社会がきちんと彼女の価値を認め、彼女の価値にふさわしい社会的ポジションを与えられるか。

でないと人は嫌気をさして出ていく。


今日街なかである人と話したんだけど、



人が大分を捨てるのか、大分が人を捨てるのか



人材輩出と言われる大分の抱える問題は深い


私的解釈:【輩出】ダイヤの原石を生み出す風土はあるが、活かしきれず、外に出ざるを得ないと本人に決断させてしまうもしくは追い出す



それでも僕はやっていかなきゃいけないんですけどね(笑)
2012.03.19 Mon l 地域活性化活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、午後から大分の”ガチキャラ”であるあいむそ~りんの事務局の方とMTG。


さて、このあいむそ~りんもそうですがココらへんで大分のマスコットキャラ的なものをチョコっと紹介。



Yahooニュースや2chを騒がせた大分のキャラクターと言えば、18市町村のおおいた萌えおこしプロジェクトを、知る人は知っているだろう(ってかここまで話題に登ったので当然レベルで知っていてほしい)

このプロジェクトが立ち上がった時の話題性と言うと、はっきり言って大きなチャンスだった。だが、デトロイト・メタル・シティの時もそうだが話題性というチャンスに乗りきれないのがこの県の悪いところ。萌えおこしプロジェクトのことを、県政側は把握しているのかということと、これを活用していく気はあるのかというのは問いたい所ではあるが、答えは見えていてむしろ自分にとって行政批判の種のうちの一つに過ぎないのでココらへんでこの取り組みに突っ込むのはやめておく。



さて、このあいむそ~りんといういかにも謝っているキャラなのだが、言うまでもなく大友宗麟と掛けていて、ユルキャラではなくガチキャラという位置づけ。

設定としては、大分市のそーりん・みょーりん・もんさん・ブッチのキャラクターが県内各所を旅してそれぞれの土地のキャラクターに出会っていくという設定。


設定上は、大分の地域活性化(いちいち断るのめんどくさいからここではあえてこの言葉を使わせていただく(便利だから))にいくらでも活用しがいがあるというのを感じた。




で、キャラクターの使い方がだ・・・・・




基本自由





あぁぁ~~~・・・私に”自由”という翼を与える事なかれ・・・もう水を得た魚のようにピョンピョンピョンピョン跳ねまくりますよ

そっこーで浮かんだ案としては、とりあえずこのキャラクターグッズをこれでもかというくらい自分のやっている活動に噛ませていこうというのは考えた。府内次世代フォーラムで県内のPVとかも作っていきたい。


更に今日は、そーりん音頭というのを見せていただいた。



音頭夏祭りと言えば即芸短生の浴衣姿が浮かんでしまうほどの街イベント中毒者な私(笑)ですが、長濱祭りのコネとかも昨年できているので今年前半はぶっちゃけそーりん音頭一本で行けるなと直感した。

とりあえずPVは浴衣芸短生で撮り直しwwww




そのあと、Facebook上のやり取りでそのまま芸短にいって先生と次世代フォーラムの打ち合わせ。


正直BTGは次年度はアントレ関連以外の活動やる気無い(社会の期待がそうである)上、先の種まく旅人の関連からおそらくはそっちの方は何とかなりそう。あとの問題は、市政事業に落選して少し先行きが見えなかったフォーラムの方だ。

2年生が卒業し、若干閑散としている研究室でDVD見ながら踊る30歳男子とウン十歳の教授www



2年の経験を経て、だいたい街なかと学生のコラボの形が見えてきたので3年目の計画として、今年はこのそーりんという目玉があるためカタチにしやすいというコンセンサスを得た。府内次世代フォーラムとしても、次世代と言いつつ上の世代と学生をつなぐ=街の歴史を学んで古きに還る街づくりのコンセプト古きを知り新しい発信手法)にも矛盾しない。





ってわけで、自分は可能性としてこのそーりんを全推しでいく。



これが自分のガチです。


転がってるチャンスは拾って、ガチで行きます。



だって自分は、チャンスの奪い合いと差別化で毎日闘ってる東京で学んで大分で活動しているんだから。




大分での敵は妥協という名の自分と、遠慮という名の成長阻害因子




最近ほんといろんな意味で



結局あんたは敵なん、味方なん!!??


まぁ某所とはこの度完全敵対することを決め、ってか置いてくことを決めたので先にやっちゃいます。やってるよってのはちゃんと言い(発信し)つつ






4月から、面白くなりそう。


ここまでシンボルがたった活動というのも珍しいです。



府内がそーりんで、BTGが種まく旅人でしょ?わかりやすい☆




あとは、このワクワクに他大学の学生が乗れるかどうか=乗るセンスがあるかどうか。



つまりは、わくわく感性ですよ。。。頼むぜ国立大学生・・・・・

その点、芸短生は非常に高く、それさえあれば人間は目まぐるしい成長を遂げる。



今年卒業のこれまでのメンツは、完全なワントップ体制だった。それこそ第2の中西理かと言わしめるほど非常に能力の高い学生がいた(引退宣言すら『中西理的』だったと一部の声)。まぁ後からそれが大きな重みになってたんだろうなぁ~と実はすごく反省した


でも次の学年は違う。


一言で言うなら、個々の能力が高く、個性が強いチーム

特にいつもつるんでいる某4人組なんて新年早々街なかの餅つきに参加するほどの行動派!!!しかもそれを楽しんでやっている。女の子の笑顔は地域に笑顔を届け大人たちをも動かす力を持っている。いや、ほんとに。

今年の日韓映画祭も、学生チームの運営は素晴らしかったと先生も褒めている。自分も、今年は随時情報がFacebookにあがっていたので現場にいなくてもフォローできたのだが、あの組織運営ははっきりいって自分にもできない。


チームとしてすでに精錬されている…。




この、すでに輝きを放っている原石の数々を、その可能性を損なうことなく更なる高みに登れるようなファシリテートは、自分もそーとー全力でファシリしないといけないなと改めて気合を入れた。最近遠慮というファシリテートばっかりだったので、トップギアの感覚を残りの3月の期間で取り戻しつつ、少ない春休みで自分自身も向上していかないといけない。





いずれにせよ、次年度は飛躍、そしてカタチにしていく1年だなとここで確信した。






ついて来いっ!!!←小orz
2012.03.12 Mon l 地域活性化活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、種まく旅人~みのりの茶 の第2回鑑賞会でした。

学生側は、昨年第1回アントレ優勝班のTAを務めたひろゆきが参加。

ゲストに、竹田市すごうのとうもろこし農家の団体の会長である山岡正近さん。



僕は2回目の鑑賞だったわけですが、2回目は2回目で見えてくるところが違いますね。



前回の鑑賞会で自分のやりたいカタチがエガオであることに気づいた自分は、今回の最大のポイントは…とあるシーン(例によって全国公開前につき詳しく話せない



「そうだ!キミのその笑顔が見たかったんだっ!!!」

というシーンで涙腺ピークであったとだけ言っておきます(笑)





そのあと、今回の企画の目玉であるロケ地となったぶらぼぅファームでのランチ
ぶらぼぅ野菜
△プレミアム♡その時でしか味わえない食当然ながらデートコース(←相手ツクレ


パスタとピザとドリアを頼んで3人でわけました☆
ぶらぼぅ集合


シェフの堀米さん(若干こう呼ぶのに違和感がいろんな意味である(笑))に料理の説明や撮影秘話などここでしか聞けない話をしていただく。また、東日本大震災の黙祷も坂本龍一さんの音楽に合わせて行う。


映画を見た山岡会長とひろゆき。

正直、ひろゆきはもしかしたらこれは農映画だからということで自分が伝えたい事がうまく伝わるか映画の途中隣の席で不安だったんですが、感動してくれたみたいでよかった。


山岡会長は、この映画は

1)行政


2)農家



そして



3)今の生き方や将来に迷いを感じているすべての若者


に見て欲しいと語った。昨年のアントレで学生を見て多くの講評を頂いただけあって今の若者に何が足りないかをすごく感じていらっしゃいます。


また、昨年のアントレの取り組みの中で行政側と大モメにモメた事件(?)があった。その時の様子がまさに映画のまんまだったんだ。また、農家をまとめないといけないという意味ではこの映画を実際の農家の方にも見ていただきたい。お茶ととうもろこしと作っているものは違うが、その根本にあるものは同じであると考える。



ものを作るとは何か?


ものを売るとは何か?


働くとは何か?




この全ての答えがここにあります。

アントレTA勉強会の内容にも矛盾しない。






山岡会長のぼそっと言った一言



種まく旅人になる』

をヒントに、今回の自分の取り組みのメインテーマが決まった。





この映画を見た人が笑顔になる



笑顔の種をまく旅人に、このアントレを通してなっていく。






この映画をロールモデルに、次年度のアントレは進めていこう。

BTG新歓は映画鑑賞会にしよう。だって、BTG:BungoThinkGrowの理念はまさにこの映画に詰まっている。


都会ばかり見ているうちは、地域に眠るチャンスも雑草にしか見えない。よく見れば雑草にも名前がついていて、意味があり、地域にないなんてことはないんだ。



りゅ~とさんに依頼してロゴも完成。




見学ツアーも企画する!


どんどんこの映画を大分の宝として磨き上げていく




そして、最終発表会は昨年やった感じにして






できれば、映画上映会をして




・・・・監督のコメントとか




。。。。。もらいたいなぁ~~~・・・




でも、それなりの事やっていけば、そういうのも可能になると思う。芸短の日韓映画祭みてると、監督からコメントいただき、映画の上映会も。、。。できるよね??





じわじわと、だけど確実に。。。いく!!
2012.03.11 Sun l 地域活性化活動 l コメント (1) トラックバック (0) l top